プラーク除去が虫歯菌除去につながる

プラーク除去が虫歯菌除去につながる

プラーク除去が虫歯菌除去につながる

皆さんはきちんと歯磨きが出来ているでしょうか。

 

ここでいう「出来ている」というのは、毎日食後にきちんと行っているというだけでなく、食べ残しが歯に残らないようにしっかりと磨けているかということも含まれています。

 

歯磨きは毎日行っているという人であっても、歯垢が出来てしまっている人はきちんと歯磨きが出来ていないと言えるでしょう。

 

注意して自分の歯を注目してみると歯の表面に黄色もしくは白色の粘ついたものが付着している人もいるかと思います。

 

それが歯垢(プラーク)と呼ばれるものです。

 

このプラークは虫歯菌のかたまりで、放っておくと歯石となってしまい、その歯石が虫歯の大きな原因となってしまうのです。

 

歯石になってしまうとセルフケアでは除去することが難しいため、歯医者へいって除去してもらう必要がありますが、プラークはしっかりとセルフケアをすることによって除去することが出来ます。

 

プラークの除去が虫歯菌除去につながり、虫歯菌除去が虫歯予防につながるので、しっかりとセルフケアを行ってほしいと思います。

 

しかし、これまで毎日歯磨きをしていたのに虫歯菌除去がしっかりと出来ていなかったという人はセルフケアを見直す必要があります。

 

歯と歯の間や、奥歯の噛み合わせの部分などはプラークが付きやすい部分なので、そういった部分をしっかりと歯磨きするように意識していきましょう。

 

また、歯磨きと一緒にデンタルフロスを使用するとプラーク除去を効果的に行うことが出来るので非常におすすめです。

 


 

関連ページ

虫歯になる3つの理由を知る事が大切です
虫歯になる3つの理由についてご紹介しています。虫歯になる理由を知ることにより、虫歯に対する考えやちょっとした対策も可能になってくると思います。簡単にご紹介すると、「虫歯菌」と「糖質」と「歯の質」が虫歯になる3つの理由です。これらをどのようにして良い状態に持っていくかが鍵となります。
ミュータンス菌とはどのような菌なのか
ミュータンス菌とはどのような菌なのかをご紹介いたします。簡単に言ってしまえば、ミュータンス菌は、虫歯になるきっかけを作る菌だということです。ですので、いかにミュータンス菌を除去していくかが、虫歯になるか、虫歯にならないかの鍵になってきます。
虫歯菌除去のために虫歯菌はいつ増えるのかを知っておく
虫歯菌除去のために虫歯菌はいつ増えるのかを知っておく事が重要です。まずは、想像がつくと思いますが、食事の後です。もう一つは、寝ているときです。寝る前には、しっかり歯磨きをして、朝起きたらすぐに、うがいや歯磨きをするとよいでしょう。寝る前にデンタルリンスなどを使用するとさらに良いです。
虫歯菌と虫歯について
虫歯菌と虫歯についてご紹介いたします。虫歯菌と虫歯はイコールではありません。虫歯菌というのは、口の中に無数に存在しています。もちろん、虫歯のない方でも虫歯菌は存在しているのです。虫歯菌によって虫歯にならないためにも、日々のブラッシング(歯磨き)が重要になってきます。
虫歯菌と頭痛の関係について
虫歯菌と頭痛の関係についてご紹介いたします。虫歯は体全体に影響を及ぼしかねませんので、注意が必要です。虫歯をそのまま放置しておくと、頭痛になることもありますし、かみ合わせや体のバランスまで崩す可能性があります。虫歯になったら、必ず歯医者さんで診てもらいましょう。
虫歯菌は心臓にも影響を与える
虫歯菌は心臓にも影響を与える事をしっていますか?虫歯菌は心臓の他にも、体の様々な部分で不調和をもたらす原因となりますので、注意が必要です。虫歯になってしまったと思ったら、すぐに歯医者さんにかかることをお勧めします。また定期的に歯医者さんへ通うことも良いでしょう。
腹痛の原因が虫歯菌である可能性もある
腹痛の原因が虫歯菌である可能性もあるについて書いていきます。虫歯菌は歯だけではなくて、頭痛や心臓にも悪影響を及ぼす可能性があります。また虫歯菌が増えることによって大腸炎をおこすこともあります。大腸炎になると強い腹痛を引き起こす事にもつながります。