マウスピースを使用する

マウスピースを使用する

虫歯で悩まされたことがある人はたくさんいると思いますが、あの歯の痛みは二度と味わいたくないと誰もが思うことでしょう。

 

虫歯になってしまうと歯が痛いだけでなく、健康面などにも悪影響を及ぼすものなので、虫歯にならないようにしっかりとケアしていきたいものです。

 

虫歯にならないためには虫歯菌を増やさないように虫歯菌除去していくことが大切になってきますが、虫歯菌除去の基本となるのが歯磨きによるセルフケアだと思います。

 

現在、多くの人が歯磨きによってしっかりとケアしていることでしょう。

 

しかし、最近では歯磨きの他にも虫歯菌除去する効果的な方法がいろいろとあるので、歯磨きと並行して実践してみてはいかがでしょうか。

 

例えば、マウスピースを使用して虫歯菌除去するという方法もあります。

 

マウスピースに虫歯菌の働きを抑える効果のあるフッ素や、歯の健康を保つミネラルを含んだものをマウスピースにつけて、マウスピースを装着してそれらの成分を歯に浸透させるという方法です。

 

寝る前に歯を磨いてからマウスピースを装着して10分から30分くらいしたら外して寝るというように使用すれば効果的です。

 

マウスピースは歯医者にいってつくってもらう必要がありますが、一度作ってもらえば後は寝る前に装着するだけなので、さほど負担に感じることもないと思いますし、簡単に習慣にすることが出来ると思います。

 

気になるという人は一度歯医者へ行って相談してみてはいかがでしょうか。


 

関連ページ

フッ素で虫歯菌の活動を抑える
フッ素で虫歯菌の活動を抑える事についてご紹介いたします。フッ素は虫歯予防の最も有名な方法の一つです。フッ素はミュータンス菌の活動を抑える働きがあるとされています。しかも歯を強化する働きもありますので、非常にオススメな方法といえます。
キシリトールの働きについて知る
キシリトールの働きについてご紹介いたします。キシリトールはガムに使われている成分で有名です。キシリトールはミュータンス菌の働きを抑えるといわれています。キシリトールガムも上手く使用して、虫歯予防に役立てましょう!
歯のクリーニングで虫歯菌除去しよう
歯のクリーニングで虫歯菌除去についてご紹介していきます。定期的に歯医者さんで歯のクリーニングをしてもらうと虫歯菌も除去できてとてもおすすめです。なかなか歯が痛くならないと歯医者さんにはいきませんが、歯が痛くなる前にケアしていくのが重要です。
バイオガイアで虫歯菌除去について
バイオガイアで虫歯菌除去についてご紹介いたします。バイオガイアプロデンティスは、タブレットなどで口内に善玉菌を増やす事によって、虫歯菌を殺菌や抑制をすることが出来ます。案外手軽に手に入れることが出来ますのでお試ししてみてはいかがでしょうか。
うがい薬は効果的
うがい薬は虫歯菌除去に効果的についてご紹介いたします。うがい薬は、風邪の予防にもなりますが、虫歯菌除去にもつながるアイテムです。ドラッグストアで手軽に購入でき、うがい薬をつかってうがいするだけですので、簡単に出来るところも魅力の一つです。
唾液を出すことを意識する
唾液を出すことを意識すると良いですので、その事について触れたいと思います。唾液が出るだけで、虫歯菌除去につながりますので、できるだけ唾液を出した方がよいです。特に寝ているときは唾液が出ませんので、虫歯菌が増えやすいです。寝る前は特にしっかり歯磨きをする事が大切です。
歯垢残りをチェックするグッズを活用する
歯垢残りをチェックするグッズを活用する事についてご紹介いたします。歯医者さんで赤い液を使った歯磨き指導をご存知でしょうか?赤く残った部分が磨き残しとなり、指導してもらいます。その液体は市販されており、タブレットタイプのものも存在しています。それを使って、磨き残しをなくすように努力しましょう。