フッ素で虫歯菌の活動を抑える

フッ素で虫歯菌の活動を抑える

虫歯にならないためには、虫歯菌が増殖しないために虫歯菌除去していくことが大切になってきます。

 

口の中を完全に虫歯菌除去するのは不可能ですが、セルフケアによって出来る限り虫歯菌除去していくことで、じゅうぶんに虫歯予防につなげることができるので、しっかりとケアしていくことをおすすめしたいと思います。

 

しかし、どのようにケアしていけば良いのかわからないという人もたくさんいると思いますし、とりあえず歯磨きはしているという人も多いのではないでしょうか。

 

そのような人達に知ってもらいたいのがフッ素の働きです。

 

我々の口のなかに存在する虫歯菌は300種類以上もいるのですが、そのなかでも注目すべき虫歯菌がミュータンス菌という虫歯菌です。

 

このミュータンス菌は虫歯の原因となるきっかけを与える働きをもっているため、このミュータンス菌の活動を活発化させないことが虫歯予防では非常に重要となってきます。

 

そのミュータンス菌の活動を抑える働きがあるとされるのがフッ素なのです。

 

フッ素の働きはそれだけでなく、歯を強化する働きも持っているのです。

 

よって、フッ素が入っている歯磨き粉を使用して歯磨きをすることは非常におすすめになります。

 

さらにフッ素入りの歯磨き粉で歯磨きをする際には、歯になるべくフッ素を残しておくことを意識するとさらに効果的です。

 

あまりうがいを何度もしてすすぎ過ぎてしまうとフッ素があまり残らなくなってしまうので、すすぎは1度くらいにしておくことがおすすめです。

 


 

関連ページ

キシリトールの働きについて知る
キシリトールの働きについてご紹介いたします。キシリトールはガムに使われている成分で有名です。キシリトールはミュータンス菌の働きを抑えるといわれています。キシリトールガムも上手く使用して、虫歯予防に役立てましょう!
歯のクリーニングで虫歯菌除去しよう
歯のクリーニングで虫歯菌除去についてご紹介していきます。定期的に歯医者さんで歯のクリーニングをしてもらうと虫歯菌も除去できてとてもおすすめです。なかなか歯が痛くならないと歯医者さんにはいきませんが、歯が痛くなる前にケアしていくのが重要です。
マウスピースを使用する
虫歯予防にマウスピースを使用する事についてご紹介いたします。虫歯予防には歯磨きをする他にもいろいろな方法がありますが、その一つにマウスピースを利用する方法があります。マウスピースに虫歯菌を抑える効果を持つものを含ませておくのです。一度マウスピースは作ればいいですので、興味のある方は検討してみるといいでしょう。
バイオガイアで虫歯菌除去について
バイオガイアで虫歯菌除去についてご紹介いたします。バイオガイアプロデンティスは、タブレットなどで口内に善玉菌を増やす事によって、虫歯菌を殺菌や抑制をすることが出来ます。案外手軽に手に入れることが出来ますのでお試ししてみてはいかがでしょうか。
うがい薬は効果的
うがい薬は虫歯菌除去に効果的についてご紹介いたします。うがい薬は、風邪の予防にもなりますが、虫歯菌除去にもつながるアイテムです。ドラッグストアで手軽に購入でき、うがい薬をつかってうがいするだけですので、簡単に出来るところも魅力の一つです。
唾液を出すことを意識する
唾液を出すことを意識すると良いですので、その事について触れたいと思います。唾液が出るだけで、虫歯菌除去につながりますので、できるだけ唾液を出した方がよいです。特に寝ているときは唾液が出ませんので、虫歯菌が増えやすいです。寝る前は特にしっかり歯磨きをする事が大切です。
歯垢残りをチェックするグッズを活用する
歯垢残りをチェックするグッズを活用する事についてご紹介いたします。歯医者さんで赤い液を使った歯磨き指導をご存知でしょうか?赤く残った部分が磨き残しとなり、指導してもらいます。その液体は市販されており、タブレットタイプのものも存在しています。それを使って、磨き残しをなくすように努力しましょう。