虫歯菌は遺伝するのか?

虫歯菌は遺伝するのか?

これまで何度も虫歯で悩まされているという人もたくさんいると思います。

 

他の人と同じようなケアをしっかりとしているはずなのに他の人よりも虫歯になっているような気がするという人もいることでしょう。

 

このように自分が虫歯菌に悩んでいると、自分の子供は大丈夫だろうかと心配する人もたくさんいると思います。

 

なかには、虫歯菌は遺伝するのだろうかという心配している人もいるかもしれませんね。

 

結論から言えば、虫歯菌そのものが子供に遺伝することはありません。

 

虫歯菌というものは歯がないところには存在しませんし、生まれたての赤ちゃんには歯がないので虫歯菌は存在しません。

 

よって、歯が生えてきてから虫歯菌が存在するようになるということになりますが、虫歯菌が増えやすくなってしまうことが遺伝ではないとすれば、親の影響を全く受けないかというと、そうとは限りません。

 

親の虫歯菌除去の方法を子供が影響を受ける可能性は非常に高いので、親が間違った虫歯菌除去の方法を行なっていたり、しっかりと虫歯菌除去の対策を行っていない場合は、子供もしっかりと虫歯菌除去の対策を行えずに虫歯菌が増えてしまう可能性が高いといえるでしょう。

 

例えば、正しい方法で歯磨きが出来ていなくて、歯垢を残してしまっているような人が子供に歯磨きを教えると、子供も正しい歯磨きを実践することは出来ませんよね。

 

そのようなカタチで子供に親の虫歯になりやすさが影響してしまうことはじゅうぶんに考えられます。

 


 

関連ページ

子供が虫歯菌に感染していないか定期的にチェックする
子供が虫歯菌に感染していないか定期的にチェックすることについてご紹介いたします。赤ちゃんのときは虫歯菌はいなくても、知らず知らずのうちに、子供に虫歯菌は感染してしまいます。歯医者さんで虫歯菌がいるかいないかをチェックしてもらう事により、今後の対策がとれるのです。
子供へ虫歯菌を感染させないのは不可能か?
子供へ虫歯菌を感染させないのは不可能か?について書いていきたいと思います。実際に感染経路は多数存在するので、その全てを防ぐことは不可能に近いのではないのでしょうか。それよりも、虫歯にならないように虫歯菌を除去する方法を考えていくことが大切です。
虫歯菌の感染経路を考える
虫歯菌の感染経路についてご紹介していきます。虫歯菌の感染経路は多数あり、全てを把握するのは難しいですが、ある程度わかっていると対策にはなります。出来るだけ、子供に虫歯菌をうつさないようにする努力が必要です。
加熱で虫歯菌除去できるのか
加熱で虫歯菌除去できるのか?について書いていきます。もちろん加熱で虫歯菌除去は出来ますが、食器などの場合、沸騰したお湯に20分以上つけておく必要があります。それは無理でも多少でもお湯で流して虫歯菌を除去していきたいですね。
フーフーして子供に食べさせると虫歯菌は感染するのか?
フーフーして子供に食べさせると虫歯菌は感染するのか?について書いていきたいと思います。基本的に感染はしませんが、フーフーをする時に唾液が混じってしまい感染する場合もあります。虫歯菌の感染については、あまり神経質にならず、どのように虫歯菌を除去していくかの対策をしていきましょう。
子供が虫歯で悩まないために親がやるべきこととは
子供が虫歯で悩まないために親がやるべきことについて書いていきます。虫歯にならないために、歯磨き指導をすることも大切ですが、自分自身も虫歯にならないようにして、虫歯菌を感染させないことが大切です。