子供へ虫歯菌を感染させないのは不可能か?

子供へ虫歯菌を感染させないのは不可能か?

子供がいる家庭では、自分の健康のことよりも子供の健康のことが気になるという人が多いと思います。

 

日頃から子供の健康にはすごく気を遣っているという人はたくさんいると思いますが、虫歯にもならないように自分の歯以上に気を遣っているという人もたくさんいると思います。

 

もともと赤ちゃんの時は虫歯はないということは多くの人がご存知でしょう。

 

赤ちゃんに虫歯ができないのは歯がないためで、虫歯菌が存在しないからです。

 

成長して歯が生えてきて、外部から虫歯菌が感染して、その虫歯菌が増えてくることによって虫歯になってしまいます。

 

そう考えると、虫歯菌に感染するのを避ければ虫歯で悩まされることがないのではと考える人もいるでしょう。

 

大人の唾液によって感染してしまうというのはよく聞く話なので、虫歯にならないようにと赤ちゃんにキスすることを避けたり、口移しでご飯をあげたりするのを避けている人もたくさんいると思います。

 

では、このように感染経路を防いでいけば、子供は虫歯にならないのでしょうか。

 

感染経路というものは無数にあるので、実際その感染経路を全て防ぐことは不可能と言えるでしょう。

 

もちろん出来る対策は行っても良いと思いますが、あまり神経質になりすぎてもストレスになってしまうので、感染してしまうのは仕方がないと考えて、その後の虫歯菌除去をしっかり行うようにすることが大切だと考えるべきでしょう。

 

感染してしまったとしてもしっかりと虫歯菌除去を行っていくことで、虫歯にならないように予防することが出来ますし、正しい虫歯菌除去法を知ることが大切だと思います。

 

 

 


 

関連ページ

虫歯菌は遺伝するのか?
虫歯菌は遺伝するのか?について書いていきたいとおもいます。虫歯菌そのものは遺伝しませんが、親に虫歯菌が多いと、その分感染するリスクは高まりますし、親が歯磨きの仕方がわかっていないと、子供も歯磨きがうまくなることはありません。結果として、虫歯になりやすくなってしまうのです。
子供が虫歯菌に感染していないか定期的にチェックする
子供が虫歯菌に感染していないか定期的にチェックすることについてご紹介いたします。赤ちゃんのときは虫歯菌はいなくても、知らず知らずのうちに、子供に虫歯菌は感染してしまいます。歯医者さんで虫歯菌がいるかいないかをチェックしてもらう事により、今後の対策がとれるのです。
虫歯菌の感染経路を考える
虫歯菌の感染経路についてご紹介していきます。虫歯菌の感染経路は多数あり、全てを把握するのは難しいですが、ある程度わかっていると対策にはなります。出来るだけ、子供に虫歯菌をうつさないようにする努力が必要です。
加熱で虫歯菌除去できるのか
加熱で虫歯菌除去できるのか?について書いていきます。もちろん加熱で虫歯菌除去は出来ますが、食器などの場合、沸騰したお湯に20分以上つけておく必要があります。それは無理でも多少でもお湯で流して虫歯菌を除去していきたいですね。
フーフーして子供に食べさせると虫歯菌は感染するのか?
フーフーして子供に食べさせると虫歯菌は感染するのか?について書いていきたいと思います。基本的に感染はしませんが、フーフーをする時に唾液が混じってしまい感染する場合もあります。虫歯菌の感染については、あまり神経質にならず、どのように虫歯菌を除去していくかの対策をしていきましょう。
子供が虫歯で悩まないために親がやるべきこととは
子供が虫歯で悩まないために親がやるべきことについて書いていきます。虫歯にならないために、歯磨き指導をすることも大切ですが、自分自身も虫歯にならないようにして、虫歯菌を感染させないことが大切です。