虫歯菌の感染経路を考える

虫歯菌の感染経路を考える

これまでに虫歯で苦しんだことがある経験がある人は、自分の子供には同じような思いはさせたくないと思うことでしょう。

 

よって、日頃から自分自身以上に虫歯菌除去の対策を行ったりしている人も少なくないと思います。

 

虫歯菌除去も大切だけど、そもそも子供が虫歯菌に感染しなければ、虫歯になる心配もなく、虫歯菌除去を行う必要もなくなるのではと思う人もいるでしょう。

 

たしかに、生まれてきた赤ちゃんには虫歯菌もいませんし、もちろん虫歯もありません。

 

後に歯が生えてきてから、虫歯菌に感染してしまうことで、口の中に虫歯菌が駐在してしまうわけなので、この感染経路をなんとかすれば、物理的には感染しないということになります。

 

しかし、この感染経路はたくさんありますし、親がいくら気を付けたところで、子供が知らないうちに感染してしまうような行為を行なってしまったりすることもありますし、周囲のくしゃみで飛散した唾液によっても感染してしまうこともあります。

 

このようなことを考えると完全に感染経路を防いで、感染しないようにするというのはほぼ不可能に近いということができます。

 

しかし、親が出来る範囲では少しでも感染経路を減らして行きたいところだと思います。

 

例えば、キスをすると感染するというのはよく聞く話だと思いますし、口移しも感染してしまいます。

 

また、大人が使用している食器を子供にも使用してしまうとそれでも感染してしまう可能性があるので、注意が必要です。

 


 

関連ページ

虫歯菌は遺伝するのか?
虫歯菌は遺伝するのか?について書いていきたいとおもいます。虫歯菌そのものは遺伝しませんが、親に虫歯菌が多いと、その分感染するリスクは高まりますし、親が歯磨きの仕方がわかっていないと、子供も歯磨きがうまくなることはありません。結果として、虫歯になりやすくなってしまうのです。
子供が虫歯菌に感染していないか定期的にチェックする
子供が虫歯菌に感染していないか定期的にチェックすることについてご紹介いたします。赤ちゃんのときは虫歯菌はいなくても、知らず知らずのうちに、子供に虫歯菌は感染してしまいます。歯医者さんで虫歯菌がいるかいないかをチェックしてもらう事により、今後の対策がとれるのです。
子供へ虫歯菌を感染させないのは不可能か?
子供へ虫歯菌を感染させないのは不可能か?について書いていきたいと思います。実際に感染経路は多数存在するので、その全てを防ぐことは不可能に近いのではないのでしょうか。それよりも、虫歯にならないように虫歯菌を除去する方法を考えていくことが大切です。
加熱で虫歯菌除去できるのか
加熱で虫歯菌除去できるのか?について書いていきます。もちろん加熱で虫歯菌除去は出来ますが、食器などの場合、沸騰したお湯に20分以上つけておく必要があります。それは無理でも多少でもお湯で流して虫歯菌を除去していきたいですね。
フーフーして子供に食べさせると虫歯菌は感染するのか?
フーフーして子供に食べさせると虫歯菌は感染するのか?について書いていきたいと思います。基本的に感染はしませんが、フーフーをする時に唾液が混じってしまい感染する場合もあります。虫歯菌の感染については、あまり神経質にならず、どのように虫歯菌を除去していくかの対策をしていきましょう。
子供が虫歯で悩まないために親がやるべきこととは
子供が虫歯で悩まないために親がやるべきことについて書いていきます。虫歯にならないために、歯磨き指導をすることも大切ですが、自分自身も虫歯にならないようにして、虫歯菌を感染させないことが大切です。