加熱で虫歯菌除去できるのか

加熱で虫歯菌除去できるのか

虫歯にならないためには、口の中にいる虫歯菌を増やさないことが第一となります。

 

そのためにしっかりと歯磨きをして日頃から虫歯菌除去を行っている人はたくさんいると思います。

 

もちろん歯磨きは虫歯菌除去の基本となるので欠かせないものですが、歯磨きで虫歯菌除去していく際には、使用する歯ブラシにも気を付けなければいけません。

 

使用した歯ブラシには虫歯菌が付いているものです。

 

よって使用後はしっかりと歯ブラシを洗浄する必要がありますし、使用する前も一度洗ってから歯磨きをするように気をつけるようにしましょう。

 

このように日常使用するもので虫歯菌が付くものの取り扱いには気を配る必要があります。

 

例えば、食器にも虫歯菌は付着するので、付着したままの食器を使用してしまうと口に虫歯菌を入れてしまうことになってしまいます。

 

食器に付着した虫歯菌をしっかりと死滅させるのであれば煮沸消毒を行うのがベストな方法となります。

 

煮沸したお湯に20分以上つけておくことによって死滅させることは可能です。

 

しかし、自宅では食器を煮沸消毒出来る環境ではありませんよね。

 

よって、完全に虫歯菌を完全に死滅させることは出来ないにしても少しでも死滅させたのであれば、食器を洗う時にはお湯を使用した方が良いでしょう。

 

特に、子供の食器には気を付けたいものですよね。

 

この点を考えると歯ブラシもお湯で洗浄した方が良いので、定期的にお湯を使用して洗浄することをおすすめします。

 


 

関連ページ

虫歯菌は遺伝するのか?
虫歯菌は遺伝するのか?について書いていきたいとおもいます。虫歯菌そのものは遺伝しませんが、親に虫歯菌が多いと、その分感染するリスクは高まりますし、親が歯磨きの仕方がわかっていないと、子供も歯磨きがうまくなることはありません。結果として、虫歯になりやすくなってしまうのです。
子供が虫歯菌に感染していないか定期的にチェックする
子供が虫歯菌に感染していないか定期的にチェックすることについてご紹介いたします。赤ちゃんのときは虫歯菌はいなくても、知らず知らずのうちに、子供に虫歯菌は感染してしまいます。歯医者さんで虫歯菌がいるかいないかをチェックしてもらう事により、今後の対策がとれるのです。
子供へ虫歯菌を感染させないのは不可能か?
子供へ虫歯菌を感染させないのは不可能か?について書いていきたいと思います。実際に感染経路は多数存在するので、その全てを防ぐことは不可能に近いのではないのでしょうか。それよりも、虫歯にならないように虫歯菌を除去する方法を考えていくことが大切です。
虫歯菌の感染経路を考える
虫歯菌の感染経路についてご紹介していきます。虫歯菌の感染経路は多数あり、全てを把握するのは難しいですが、ある程度わかっていると対策にはなります。出来るだけ、子供に虫歯菌をうつさないようにする努力が必要です。
フーフーして子供に食べさせると虫歯菌は感染するのか?
フーフーして子供に食べさせると虫歯菌は感染するのか?について書いていきたいと思います。基本的に感染はしませんが、フーフーをする時に唾液が混じってしまい感染する場合もあります。虫歯菌の感染については、あまり神経質にならず、どのように虫歯菌を除去していくかの対策をしていきましょう。
子供が虫歯で悩まないために親がやるべきこととは
子供が虫歯で悩まないために親がやるべきことについて書いていきます。虫歯にならないために、歯磨き指導をすることも大切ですが、自分自身も虫歯にならないようにして、虫歯菌を感染させないことが大切です。