フーフーして子供に食べさせると虫歯菌は感染するのか?

フーフーして子供に食べさせると虫歯菌は感染するのか?

赤ちゃんに虫歯にならないように大人が口移しやキスをしないように気を付けなければならないことは多くの人がご存知だと思います。

 

では、赤ちゃんに食べ物を与える時に熱い食べ物を冷ますためにフーフーと息を吹きかけてからあげると虫歯菌は感染してしまうものなのでしょうか。

 

現在、フーフーして子供に食べさせているという人もいるかと思います。

 

物理的に考えれば、食べ物にフーフーと息を吹き掛けるだけであれば、それを赤ちゃんが食べたからといって感染することはありません。

 

しかし息を吹きかけるときに一緒に唾液が飛散しまう可能性があるために、フーフーして食べ物を与えることによって虫歯菌が感染してしまう可能性はあるということが出来るでしょう。

 

では、食べ物を冷ますために息を吹きかけてあげるのはやめた方が良いかというと一概には言えません。

 

息を吹きかけたからと言っても必ず感染するわけではありませんし、虫歯菌の感染する経路は他にも無数にもあるものなので、あまりに過敏になる必要もないかもしれません。

 

それよりも大切なのが感染した場合にしっかりと虫歯菌除去していくことになるでしょう。

 

ほとんどの人が何らかの経路によって虫歯菌に感染してしまうものですし、虫歯菌を増やし過ぎなければ虫歯にはならないものなので、虫歯菌除去に力を入れる方がよいでしょう。

 

虫歯菌に感染しないように神経質になるよりは虫歯菌除去さえしっかりやれば大丈夫と思った方が気持ちも楽になるでしょう。

 


 

関連ページ

虫歯菌は遺伝するのか?
虫歯菌は遺伝するのか?について書いていきたいとおもいます。虫歯菌そのものは遺伝しませんが、親に虫歯菌が多いと、その分感染するリスクは高まりますし、親が歯磨きの仕方がわかっていないと、子供も歯磨きがうまくなることはありません。結果として、虫歯になりやすくなってしまうのです。
子供が虫歯菌に感染していないか定期的にチェックする
子供が虫歯菌に感染していないか定期的にチェックすることについてご紹介いたします。赤ちゃんのときは虫歯菌はいなくても、知らず知らずのうちに、子供に虫歯菌は感染してしまいます。歯医者さんで虫歯菌がいるかいないかをチェックしてもらう事により、今後の対策がとれるのです。
子供へ虫歯菌を感染させないのは不可能か?
子供へ虫歯菌を感染させないのは不可能か?について書いていきたいと思います。実際に感染経路は多数存在するので、その全てを防ぐことは不可能に近いのではないのでしょうか。それよりも、虫歯にならないように虫歯菌を除去する方法を考えていくことが大切です。
虫歯菌の感染経路を考える
虫歯菌の感染経路についてご紹介していきます。虫歯菌の感染経路は多数あり、全てを把握するのは難しいですが、ある程度わかっていると対策にはなります。出来るだけ、子供に虫歯菌をうつさないようにする努力が必要です。
加熱で虫歯菌除去できるのか
加熱で虫歯菌除去できるのか?について書いていきます。もちろん加熱で虫歯菌除去は出来ますが、食器などの場合、沸騰したお湯に20分以上つけておく必要があります。それは無理でも多少でもお湯で流して虫歯菌を除去していきたいですね。
子供が虫歯で悩まないために親がやるべきこととは
子供が虫歯で悩まないために親がやるべきことについて書いていきます。虫歯にならないために、歯磨き指導をすることも大切ですが、自分自身も虫歯にならないようにして、虫歯菌を感染させないことが大切です。